Luxury German Vehicle Manufacturer Migrates from GlassFish to Payara Server [Japanese Case Study]

概要 BMWグループでは、基準への準拠が極めて重視しています。そのため、Payara Serverへ の移行の決め手となったのは、これがJava EE準拠のGlassFishアプリケーション・サーバ ーのリファレンス実装に近かった点でした。 Payara ServerはGlassFishから派生しているため、BMWグループはGlassFishからPayara に移行するにあたり、これまで蓄積したサーバーに関する知識を活用することができた ので、コードを変更する必要もありませんでした。

Category: Case Study

Subject: GlassFish, Japanese, Migration, Payara Platform, Persona CTO, Persona Dev Lead, Persona Developer, Persona Ops Manager, Persona VP Engineering

Back to top